劣等感、認められたい、親の押し付けはインナーチャイルドの連鎖

imageインナーチャイルドってなに?

小さい時に親にうえつけられた悪い記憶。それは潜在意識に深く刻まれる。

小さい時は言葉を知らないから子どもは潜在的に読み取ります。ゆえにいいことも、悪いことも感覚(潜在意識)で読みとってしまうのです。

理由をいわず怒ってしまうと

「お母さんがおこってる⁇」「なんで?」「わたしが悪い子だから?」「ごめんね、私が悪い子、できない子だからお母さんを困らせている」「いいこにならなきゃ」

これが、劣等感や認められたいの気持ちを抱くスタートになります。

子どもは8才までは親に嫌われたくない、しあわせにしてあげたい。という気持ちが強いんです。

親にすてられたら生きていけないから。

人間の本能なのです。

こう育てられた私達の親もまた、

同じように、育てられたてきたのです。

このことに早く氣づいて、連鎖を断ち切ることがしあわせの連鎖の第一歩!ですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です